2011/03/20

原子力発電や被曝に関する各種資料

ここ最近自分が個人的に原子力発電について調べていて、気になった施設や資料一覧です。

1. 原子力公開資料センター
財団法人原子力安全技術センターが運営する、国からの委託を受け情報を一般に公開する施設です。

2. 大型原子炉の事故の理論的可能性及ぴ公衆損害に関する試算(海賊版)
1960年に旧科学技術庁がまとめた原子炉事故被害評価試算です。当時一般に公開されませんでしたが、後に公開されました。当時の日本の国家予算1.7兆円に対し、最悪の場合損害額は3.73兆円になると試算されています。原子力公開資料センターのHPで検索すると出てきます

3. 原発事故による放射能災害 -40年前の被害試算-
京都大学原子炉実験所の今中哲二さんによる資料2のまとめと解説です。

4. 福島原発の放射能を理解する
カリフォルニア大学サンタバーバラ校のBen Monreal 教授による放射能や今回の事故に関するわかりやすい解説です。

5. 緊急被ばく医療ポケットブック
 文部科学省からの平成16年度委託「緊急時対策総合技術調査」の一環として財団法人原子力安全研究協会が作成したものです。被曝に対する処置について非常に詳しく書かれています。



0 件のコメント:

コメントを投稿