2011/01/18

Twitterのリツイートの広がり具合を表現しようとしてみた

本日何気なくつぶやいた以下の発言が、リツイートによりどんどん再帰的に広まり、今のところ46人の方にリツイートして頂きました。
自分の中の言語擬人化像。 C++:ツンツン優等生, Java:メガネ委員長, JavaScript:おてんば人気者, Perl:活発八重歯, Ruby:腹黒妹, PHP:パンツ担当, Pascal:メガネ地味, Haskell:ぺろぺろ担当, Erlang:金髪ツインテール双子
リツイートというのは一旦起こると、それが多くの人の興味を引くものであった場合、再帰的に行われ、まるで連鎖反応のようにすごい勢いで広まるようです。
今回は簡単なセルオートマトンモデルを作り、その広まりの様子を視覚的に見てみましょう。
なんかキモイのでちょっと注意してください。

Threshold:





一つ一つのピクセルは一人のツイッターユーザーを表し、その近傍は8近傍とします。
あるユーザーがつぶやいたとき、その近傍のユーザーは一定確率でそのつぶやきをリツイートするものとします。ここで定める確率が、つぶやきの「面白さ」のようなものです。Thresholdの値を変えていろいろ試してみてください。大きいとあっというまに広まりますし、小さいとすぐ止まってしまいます。だいたい0.41付近が広まるか、萎むかの境目のようです。黒ピクセルがリツイートしなかったユーザー。ピンク色がリツイートしたユーザーをあらわしています。

山火事とかがこんなふうに広まるかと思うとちょっと怖いですね。

0 件のコメント:

コメントを投稿